茨城県教育委員会 > 学校教育 > 高校教育・中高一貫教育 > 確かな学力を育む > プログラミング・エキスパート育成事業

プログラミング・エキスパート育成事業

茨城県教育委員会では、平成30年度から、全国トップレベルのプログラミング能力を持つ中学生・高校生を育成するため、プログラミング・エキスパート育成事業を実施しています。
この事業をとおして、プログラミングに高い意欲を持つ生徒を応援し、グローバル社会で活躍する「人財」を育成します。

情報教育の充実

茨城県教育委員会と一般社団法人日本計算工学会とは、相互の連携を強化し、茨城県内における情報教育の充実に資するため、動画コンテンツの提供等の協定を締結しました。

動画コンテンツ

プログラミングに関する動画コンテンツの視聴は、以下のリンクをクリックしてください。

会員の研究活動(日本計算工学会ホームページ)

プログラミング・エキスパート事業 情報教育動画コンテンツ

参加者トレーニング

全国トップレベルのプログラミング能力を有する中高生を育成します。本気でプログラミング技術を習得したい中学生・高校生を募集します。

学ぶ内容

アプリプログラミング、ゲームプログラミング、WEBデザイン等を学ぶことができます。
詳しくは、参加者トレーニング専用ホームページをご覧ください。

参加者トレーニング専用ホームページ

スケジュール(令和6年度実施)

1日体験会

令和6年7月14日(日) 定員80名

  • オンラインで実施するため、受講にはインターネット環境が必要です。
  • 80名を超えた場合は抽選となります。
  • プログラミングスクールに参加するための選考を兼ねています。
  • 1日体験会への参加費は無料
日程(予定) 10:00 オープニング、自己紹介、チームビルディングアクティビティ
11:00 プログラミング体験1
12:00 昼食休憩
13:00 プログラミング体験2
16:30 エンディング、願書記入
17:00 終了
募集締切 令和6年6月23日(日)23:59
対象 県内の公私立中学校・義務教育学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校の生徒
申込 参加者トレーニング専用ホームページからお申込み下さい。
プログラミングスクール(オンライン)

10月~3月(週1回程度) 定員40名

  • 自分で考えたアプリを作成する技術が身につくようメンターが個別指導します。
  • 選考による合格者は、オンラインスクール参加費の一部負担(33,000円(税込))と、受講用のパソコンが必要になります。
最終発表会

令和7年3月16日(日)

アソシエイト支援

プログラミングに興味がある中学生、高校生を支援するために、学習webアプリを利用し、プログラミングの初歩から、本格的なゲームプログラミング、AIまで学習します。
「アプリコンテスト」への出品を目指して、一生もののプログラミング技術を身につけていきませんか。

使用する教材(令和6年度)

学習方法例

  • 「N予備校」の授業動画を閲覧しながら、「Monaca Education」に入力する。
    そのままでも十分学習できますが、複数のモニターを使うか、授業動画を別の機器(スマートフォンなど)で視聴すると、なお使いやすくなります。

学習期間

令和6年7月8日(月)~10月9日(水)

方法

オンライン

定員

1,000名(定員になり次第、募集を終了します)

費用

無償
※「N予備校」は学習期間をこえて受講する場合、別途有償契約が必要となります。

申込方法

必ず申込案内をご確認のうえ、申込フォームよりお申し込みください。

申込案内

締切
1回目 7月8日(月)から利用可能

締切:令和6年6月27日(木)

2回目 7月31日(水)頃から利用可能

締切:令和6年7月22日(月)

申込フォーム

申込フォーム

お問い合わせ先

茨城県教育庁 学校教育部 高校教育課 指導担当

〒310-8588 茨城県水戸市笠原町978番6
電話:029-301-5251・5260
FAX:029-301-5269
メールアドレス:kokyo@pref.ibaraki.lg.jp